メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

離れ技「トリック」常に新しい技を模索 堀米雄斗「東京五輪に出場しスケボー広めたい」

スケートボードを持って初詣する堀米雄斗=東京都江東区の亀戸香取神社で2020年1月9日、宮間俊樹撮影

 スケートボードを小脇に抱えた一人の若者が、神社に入ってきた。「スポーツ振興の神」を祭るとされる亀戸香取神社(東京都江東区)。目標が書き込まれたスポーツ選手の灯籠(とうろう)が並ぶ参道を抜け、スケートボード男子の堀米雄斗(21)=XFLAG=が9日、初詣した。

 「何をお願いしたかですか? これってあまり言わない方がいいんですよね(笑い)。今年は大きな年。自分にとってもチャンスなので、頑張ろうかと」

 7日に21歳の誕生日を迎えた。アスリートとしては若手だが、スケートボード界では必ずしもそうではない…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです