メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

離れ技「トリック」常に新しい技を模索 堀米雄斗「東京五輪に出場しスケボー広めたい」

スケートボードを持って初詣する堀米雄斗=東京都江東区の亀戸香取神社で2020年1月9日、宮間俊樹撮影

 スケートボードを小脇に抱えた一人の若者が、神社に入ってきた。「スポーツ振興の神」を祭るとされる亀戸香取神社(東京都江東区)。目標が書き込まれたスポーツ選手の灯籠(とうろう)が並ぶ参道を抜け、スケートボード男子の堀米雄斗(21)=XFLAG=が9日、初詣した。

 「何をお願いしたかですか? これってあまり言わない方がいいんですよね(笑い)。今年は大きな年。自分にとってもチャンスなので、頑張ろうかと」

 7日に21歳の誕生日を迎えた。アスリートとしては若手だが、スケートボード界では必ずしもそうではない。東京五輪で初採用された新競技。若者の五輪離れを危惧する国際オリンピック委員会(IOC)肝煎りの競技だ。スケートボードの国際競技団体は、五輪出場に年齢制限を定めていない。国際大会では10代前半の選手も活躍する。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです