メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

白金にユニークな認可外保育施設が開校。2歳でも哲学を学び、5歳でも芸術に触れ、 11歳でも主体性を持って大きなプロジェクトに挑戦していくバイリンガルスクール(Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について



知識を生きていくためのスキルとしてどのように変換していくか、グローバルな視座で「生きる力」「達成する力」「つながる力」の3軸で人間性の成長をフォローアップ

二子玉川を拠点に探究型英会話スクールを展開するグランディール株式会社は、白金高輪に新たにバイリンガルスクール『Future Me, Future Us』を2020年2月に開校します。当校は、グランディールが提唱する「創造学習」をベースに学ぶトータルスクールで、2歳から12歳まで何歳からでもスタートできます。港区指定の認可外保育施設で、2020年10月からの東京都の幼児教育無償化に伴って補助の対象施設として指定されています。

代表村松は過去にインターナショナルスクール副校長を務め、その経験からタテ割りの時間割りではなく子どもたちが一つのテーマについて長い期間をかけて探究しながら学ぶ「プロジェクト型」の英語教育を採用。心理学的知識や脳科学的なインターリーブ法(記憶定着を容易にする手法)も取り入れ、革新でユニークな教育アプローチが特徴です。
https://future-me-us.com
http://grandir-me.com

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/350_175_202001082231515e15d9c770148.png
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/300_142_202001091303025e16a5f63c50a.png

【『Future Me, Future Us』の主体性を養うプログラム】
周りと同じようにしていればいい。そんな時代は終わりました。
『Future me, Future Us』のプログラムは、自分の才能で社会に貢献しながら生きていく力を養うものです。

教育分野で遅れを取ってきたと言われる日本でも2020年、ついに政府主導の教育改革が始まります。これからは「主体性・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」が重要視されます。『Future Me, Future Us』では、好奇心、表現力、柔軟性、他者とつながるコミュニケーション力などの「21世紀型スキル」を養うことで子どもの主体性・創造性を伸ばします。

プログラムは「経済」「哲学」「芸術」「世界」「環境」「コミュニケーション」の6つのジャンルからテーマを決めます。吸収し、またじぶんから新たなものを生み出すプロセスの中で感性と教養を高め、豊かな人間力を培っていきます。


[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/400_366_202001082244585e15dcda42a55.png



◯あらかじめゴールを想定しません。子どもひとりひとりの疑問や興味に沿ってプロジェクトは無限に展開します。
◯数週間にわたって1つのプロジェクトに取り組みます。知識を横断的に活用し、課題を解決する思考をつくります。
◯プロジェクトには、さまざまな分野のプロフェッショナルが参加します。大人と接し、学ぶことによって、さらに大きな発見や成長につながります。


【プログラム例】
じぶんの強みをさらに生かす。「やってみたい」が最強の入り口。
幼稚園では取り上げないこと、小学校では教わらないことも、『Future Me, Future Us』では、人間形成に関わる幅広い分野から学ぶテーマを決めていきます。好奇心や個性、得意なことを知ることが、じぶんに対する深い理解につながります。

テーマ:環境
未来のPrefect Community(理想的な社会)をみんなで表現しました。そこから「グローバル化」「高齢化」や「動物との共存」など、ひとりひとりが新しい疑問を見つけて深めていきました。

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/700_350_202001082245165e15dcec3f081.png


テーマ:音楽
雨の音、車の音、洗濯機の音、葉が触れ合う音など、身近な音を録音しました。それらをつなげて新しい音楽を作り、それぞれが発表しました。
[画像5]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/700_438_202001090806145e166066b5464.jpg



【その他の特徴】
通常のプログラムの他 下記のようなプログラムにも力を入れていて、一般的な幼児教育・保育施設や英語スクールとは異なる環境を提供しています。

■親御さんへの取り組み
子どもと一緒に参加できるプログラム「Parents’Seminar~どんなおや子に、なっていこうか」を用意している他、心理の専門知識で子育てにおける「心」の悩みや相談に応じています。また国際食学協会から得た食育・フードセラピーの知見から「食」のアドバイスも行っています。

■国際交流の取り組み
海外における定期的な国際交流のプログラムも用意していて、子どもの頃からグローバル目線で考えることを積極的にサポートします。2019年8月にはハワイでの親子プログラム「Hawaii Program Vol.1」を実践※。SDGs(持続可能な社会)の環境問題にフォーカスし、未来の地球環境のために子どもたち自身に今、そしてこれから何ができるかを考え、実践しました。
日本では体験できない様々な環境や、世界的レベルで活躍している専門家たち、そしてローカルの子どもたちとの交流を通して、未来の私、未来の私たちについて考えながら、参加者ひとりひとりが大きく成長する学びの場となっています。
※2020年8月には「Hawaii Program Vol.2」の開催を予定しています。


軸になるのは自分。
問い続けるのは「未来の私、未来の私たち」。
誰ともちがうじぶんという存在をつかみ、
豊かな力をつけた子どもたちが変わりゆく
世界の中でも幸せに生きていく姿。
それこそがFuture Me, Future Usの描く未来です。


〇 創造学習をベースにした2歳から12歳までのトータルスクール
『白金高輪 Future Me, Future Us』
https://future-me-us.com
港区三田2-17-29-3F
info@future-me-us.com
090-3420-3305

〇 幼児から小・中学生の探究型英語スクール『グランディール二子玉川』
http://grandir-me.com
世田谷区玉川1-15-6二子玉川ライズプラザモール2F
世田谷区玉川2-15-13-3A
info@future-me-us.com
090-3420-3305

[画像6]https://digitalpr.jp/simg/1661/36882/120_140_202001090725195e1656cfbc517.png
グランディール株式会社
Grandir / Future Me, Future Us Director村松靖子
航空関係の仕事に従事し、アメリカやカナダに在住。20代半ばでインターナショナルスクールの立ち上げに参画。同スクールのアシスタントディレクターを努め、日本の幼児教育のあり方に疑問を持つようになる。その後、知育玩具の開発などに従事した後、2013年に自ら代表となり英語教育、グローバル教育のGrandirを開校。チャイルドセラピスト、チャイルドタッチセラピストの資格を持ち、国際食学協会の食育・フードセラピーに関する専門知識も有する。















情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです