メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「秩父かぼす」の販路開拓 廃棄用を活用 小鹿野町内17店舗で創作料理 /埼玉

マーボー豆腐とラー油にカボスを絡ませた「マーラーゴールデンかぼす鍋」を試食する小鹿野町民=埼玉県小鹿野町で

 小鹿野町特産の「秩父かぼす」の新たな販路を開拓しようと、同町のカボス生産者と飲食店などでつくる実行委員会が10日から初の「秩父かぼす黄金の雫祭(しずくさい)」を開く。町内17店がカボスを使ったオリジナル料理を開発し提供する催しで9日、メニューが披露された。

 同実行委によると、「秩父かぼす」は年約10トン出荷されている。しかし、生産者の高齢化で「果皮が緑色のうちに出荷」という規格に適合する期間中に収穫しきれず、10…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです