メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」 上空1万メートルの臨場感 /愛知

映画の一場面。主演のフェリシティ・ジョーンズ(右)とエディ・レッドメイン (c) 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

 新春に、映画の可能性を思い知らされる、こんな一本はいかがだろう? 遥(はる)か上空1万メートルまで、気球で上昇する興奮と恐怖。神秘的な体験と、極限の危機が待っている。英米合作の「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」は、「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再び組んだ、実話ベースの体験型アドベンチャー・エンターテインメントだ。

 1862年のロンドン。当時は不可能と考えられていた天気の予測ができると唱え、学者仲間からバカにされていたジェームズは、実験の資金さえ集められずにいた。諦めきれない彼は気球操縦士のアメリアに頼み込み、彼女のショー飛行への同乗を許される。2年前に最愛の夫を亡くしたアメリアにとって、それは悲しみから立ち直るための決意の飛行でもあった。気球は世界記録の高度7000メートルを超え、前人未到の領域に達するが…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです