メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家庭養護促進協、恒例福あめ販売 あすまで、今宮戎 /大阪

「福あめいかがですか?」と呼びかけるボランティアスタッフ=大阪市浪速区の今宮戎参道で、山本夏美代撮影

 「十日戎(とおかえびす)」でにぎわう大阪市浪速区の今宮戎神社の参道で9日、社会的養護が必要な子どもの里親を探す「愛の手運動」を半世紀以上続ける家庭養護促進協会は恒例の「福あめ売り」を始めた。11日まで。

 福あめのほか、福豆、福チョコレートなど計7種類が並ぶ。一口サイズのあめに「福」の文字や、七福神を模した顔…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです