メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災25年

大きく育て、復興の木 希望りんご植樹 芦屋・小槌幼稚園 /兵庫

希望りんごを植樹し、枝にリンゴの飾りを取り付ける田村治典代表(左端)や園児ら=芦屋市打出小槌町の市立小槌幼稚園で、近藤諭撮影

 阪神大震災から17日で25年を迎えるのを前に、芦屋市立小槌幼稚園(同市打出小槌町)の園児約40人が9日、震災などからの復興を願って各地で植えられている「希望りんご」と名付けられたリンゴの木2本を植樹した。

 希望りんごは、戦後復興期の日本を励ました「リンゴの唄」にちなみ、阪神大震災を機に発足したボランティア団体「この町・花の街・作戦」実行委員会(田村治典代表)が、1997年3月に芦屋市…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです