メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツしようよ!

目指せWMG2021 硬式野球 神戸・三木 「同窓会」で真剣勝負 /兵庫

WMG硬式野球のリハーサル大会で参加選手たちと野球談義に花を咲かせる長ケ原誠・神戸大大学院教授(左から2人目)=三木市の三木総合防災公園野球場で2019年11月30日、望月靖祥撮影

 「こんなに盛り上がるとは」。2019年11月30日に三木市の三木総合防災公園野球場で実施されたワールドマスターズゲームズ(WMG)硬式野球のリハーサル大会。元巨人の桑田真澄さん、「満塁男」こと駒田徳広さんら往年のスターを目当てに詰めかけた大勢の野球ファンを見つめながら、神戸大大学院教授の長ケ原誠さん(54)は「開催してよかった」と表情を崩した。

 専門は生涯スポーツ振興論。「成熟した生涯スポーツの実現」を目指す。21年WMGでは組織委員会の評議員、レガシー創出委員長として大会全般に関わると同時に、研究室ゼミ生とともに硬式野球競技の運営事務局を務める。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです