生きる支えに 児童養護施設で育った永尾さんへ、成人の記念撮影 ボランティアACHAプロジェクト /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
羽織袴姿で笑顔を見せる永尾さん(右)とACHAプロジェクト代表の山本さん
羽織袴姿で笑顔を見せる永尾さん(右)とACHAプロジェクト代表の山本さん

 成人の日(13日)を前に、幼少期に親と別れ児童養護施設で育った小倉北区の男性会社員が7日、同区の小倉城庭園やその周辺で東京のボランティア団体の支援を受け成人の記念撮影をした。羽織袴(はかま)姿を披露した男性は「感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。【下原知広】

 男性は山口県出身で幼少期から17歳まで児童養護施設で育った永尾壱成(いっせい)さん(20)。撮影は2016年3月から関東や関西など、児童養護施設などで育った若者に成人の写真…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集