メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

米イラン、続く緊張 演説後にもロケット弾

米ホワイトハウスでイランの状況について説明するトランプ米大統領=8日、ゲッティ共同

 年末以降、一気に緊迫した米イラン情勢は、トランプ米大統領が8日、さらなる報復攻撃について触れない抑制的な演説をしたことで、全面的な軍事衝突という最悪の事態は回避された。しかし、トランプ氏はイランの核兵器開発断念を目指し追加の経済制裁の発動を表明。イランに対する「最大圧力」政策に変更はないことも強調した。両国間の緊張は継続し、今後の偶発的な衝突への懸念は消えていない。【ワシントン高本耕太】

 報復の応酬が激化した契機は2019年12月27日、イラク北部キルクークの駐留米軍に対する攻撃だった…

この記事は有料記事です。

残り3047文字(全文3293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです