メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米国VSイラン、対決の行方

 イラン革命防衛隊精鋭部隊のソレイマニ司令官が3日、イラクの首都バグダッドで米軍の攻撃を受けて死亡した。イランは猛烈に反発、8日にイラク領内の米軍基地に弾道ミサイルを撃ち込んだ。トランプ米大統領は同日の演説で「武力を使いたくない」と軍事衝突を回避すると表明したが緊張は続く。今後の展望、日本の果たすべき役割を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3711文字(全文3869文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです