メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民小選挙区「競合」 野党出身者、相次ぎ入党 保守分裂の恐れも

 旧民主党など野党から初当選した衆院議員の自民党入党が相次いでいる。焦点となるのが衆院小選挙区の「競合」だ。与野党に分かれて議席を争ってきた議員同士が同一政党に所属するためだ。【竹内望、遠藤修平】

 最近の自民入党者で問題が決着したのが、長野3区選出で旧みんなの党出身の井出庸生氏。9日には下村博文選対委員長に連れられて首相官邸で安倍晋三首相と会い、「お墨付き」を得た。首相は「自民党にとって厳しい県で、長野の自民党にもトータルでプラスになる」と歓迎した。

 2012年以降、井出氏と自民公認の木内均氏らが争ったが、17年衆院選で井出氏が木内氏に5万票余りの差で大勝。木内氏は比例復活当選もしなかった。自民幹部は「木内氏は仕方ないと納得している」としており、次期衆院選では井出氏が公認される見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです