メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第11部 プロ野球 パ・リーグ/15 猛牛愛、むなしさ抱え

浅川悟(左奥)がオープンした「B-CRAZY(ビークレイジー)」=田中将隆撮影

 大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併を阻止するため、闘ったのは選手ら球界関係者だけではなかった。再編問題が起きた2004年、業務用スーパーの社員として働いていた浅川悟(47)は「仕事はいろいろとあるが、近鉄は一つしかない」と最後の1年を応援に費やそうと職をなげうった。球団存続を願う署名活動にも参加し、知人などに呼びかけ約500人分を集めた。近鉄の本拠地の大阪ドーム(現京セラドーム大阪)での試合を中心に約60試合を見届けた。

 親戚が近鉄元監督の西本幸雄(11年に91歳で死去)と社会人野球時代にチームメートだった縁により、両…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです