メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

愛知・名古屋城 街のシンボル背に

名古屋城の一角にある愛知県体育館前を走る聖火ランナー=名古屋市で1964年10月3日、本社ヘリ「かもめ号」から

 1964年10月3日。当時高校2年だった鶴沢正仁さん(72)は、この日の聖火リレー第1走者として、名古屋市にある愛知県体育館から走り始めた。「ものすごく緊張した。無事につなぎたい一心で、前しか見ていなかった」。背後にそびえる街のシンボル、名古屋城も「とても見ている余裕なんてなかった」と振り返る。

 米軍の空襲で焼失した名古屋城は戦後、鉄…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  4. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです