メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

介護者同士、共感し支え合う

一条さんが創刊した「かいごマガジン そこここ」の読者たち。カフェに集い、それぞれの介護の悩みを語り合う=一条さん提供

 家族の介護を続ける中で日々積み重なる小さな愚痴、将来の不安――。そうした話に共感、理解を寄せてくれる人が、身近にいないと感じたことはないだろうか。近年は介護の悩みを持つ当事者同士が交流し、支え合う動きが広がっている。

 ●自分が不安障害に

 「友人に、妻が徘徊(はいかい)したり、私を殴ったりする話をしてみたが、反応は『へえ。すごいなあ』で終わり。体験していないと理解できないのは当然だが、話すことがだんだんむなしくなっていった」。若年性認知症の妻を10年以上にわたり介護している横浜市の三橋良博さん(67)はそう振り返る。

 妻芳枝さん(67)の変調は40代半ばに始まった。突然「息ができない!」と騒ぎ、得意な料理もやりたがらない。パニック障害、うつ病、更年期障害。心療内科では診断が二転三転し、大量の向精神薬を処方されたが症状は悪化する一方。何度か病院を変え、若年性認知症と分かったのは芳枝さんが52歳の時だった。

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです