メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

介護者同士、共感し支え合う

一条さんが創刊した「かいごマガジン そこここ」の読者たち。カフェに集い、それぞれの介護の悩みを語り合う=一条さん提供

 家族の介護を続ける中で日々積み重なる小さな愚痴、将来の不安――。そうした話に共感、理解を寄せてくれる人が、身近にいないと感じたことはないだろうか。近年は介護の悩みを持つ当事者同士が交流し、支え合う動きが広がっている。

 ●自分が不安障害に

 「友人に、妻が徘徊(はいかい)したり、私を殴ったりする話をしてみたが、反応は『へえ。すごいなあ』で終わり。体験していないと理解できないのは当然だが、話すことがだんだんむなしくなっていった」。若年性認知症の妻を10年以上にわたり介護している横浜市の三橋良博さん(67)はそう振り返る。

 妻芳枝さん(67)の変調は40代半ばに始まった。突然「息ができない!」と騒ぎ、得意な料理もやりたがらない。パニック障害、うつ病、更年期障害。心療内科では診断が二転三転し、大量の向精神薬を処方されたが症状は悪化する一方。何度か病院を変え、若年性認知症と分かったのは芳枝さんが52歳の時だった。

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです