メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 木村一基王位-佐藤天彦九段 第29局の3

 2019年度の将棋界十大ニュースのひとつは間違いなく「木村王位誕生」である。タイトルに挑戦した過去6回はいずれも失敗。そんな46歳のベテラン棋士が昨年秋に7度目の挑戦でようやくつかんだ栄光の初タイトルだった。木村の愛用している扇子に揮毫(きごう)されているのは百折不撓(ふとう)の四文字。この言葉ににじむ想(おも)いが胸にグッとくる。

 木村が長考の末に飛車先の歩を交換したのが図の局面。佐藤もここで長考を返す。先手の飛車にプレッシャーをかけるなら[後]3三桂が自然だと検討陣は話す。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです