メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災25年

阪神大震災25年 兵庫の企業は今 「航空」「医療」に活路

金属を加工する工作機械を前に若手社員を指導する山城機工の岡西栄作社長(左)=神戸市長田区で2019年11月28日、釣田祐喜撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 兵庫経済にも大きな打撃を与えた阪神大震災から間もなく25年。リーマン・ショックなどの荒波を乗り越え、兵庫県内の企業は、鉄鋼や造船など重厚長大型産業を中心とした経済からの転換を図ってきた。官民で新産業の振興に取り組んだ結果、航空や医療分野に活路を見いだす企業が生まれつつある。【釣田祐喜、宇都宮裕一】

 中小の工場が林立する神戸市長田区の工業団地。金属部品加工会社「山城機工」の工場内では工作機械の大き…

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです