メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アライブ

松下奈緒主演の医療ドラマ “薫”木村佳乃の秘密に視聴者「闇深い!」(ネタバレあり)(MANTAN WEB)

連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」で梶山薫を演じている木村佳乃さん

[PR]

 女優の松下奈緒さん主演の連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話が1月9日に15分拡大版で放送された。同話では、木村佳乃さん扮(ふん)する有能な消化器外科医・梶山薫の“ある秘密”が明かされ、SNSでは「初回から衝撃展開!!」「闇深い!」「王道の医療ドラマじゃなかった」「残酷な展開…」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

以下ネタバレあり

 ドラマは、腫瘍内科が舞台で、“がん治療のスペシャリスト”の腫瘍内科医・恩田心(松下さん)と、“がんと闘う女医”薫という2人の女医を中心に、がん治療の最前線で戦う医師と患者の姿を完全オリジナルで描く医療ドラマ。

 薫は、自転車のタイヤがパンクして困っている心を車に乗せて助けたり、消化器外科部長の美川(阿南健治さん)に倒れた患者の検査をするよう進言する心に協力したりしていた。心はそんな薫に信頼を寄せていったが、ラストでは、薫が心の自転車をパンクさせた犯人だったことや、3カ月前の転倒事故が原因で意識が戻らない心の夫・匠(中村俊介さん)の手術をしていたことが判明。SNS上では「心に近づいた目的は?」「佳乃さんがラスボスなのか…」「まさかの事実」「一気にホラー…」といった声も上がっていた。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです