特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

菅氏、違法性認めるも「5年連続記載漏れ」の不自然さ 「桜を見る会」名簿

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月9日午前11時25分、川田雅浩撮影
記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月9日午前11時25分、川田雅浩撮影

 事務的ミスが続いただけか、意図的か――。菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、2017年度までの5年間の招待者名簿が行政文書ファイル管理簿に記載されていなかった問題について「公文書管理法に違反する対応だった」と違法性を認めた。ただ、未記載の理由は「事務的な記載漏れ」だと釈明。5年連続で「記載漏れ」が続いたとは考えにくく、不自然な印象であるため、野党からは「意図的な不記載だ」との批判も出ている。

 公文書管理法では、行政文書を適切に管理するため、1年以上保存する文書ファイルの名称や種別、保存期間などを管理簿に記載することを義務づけている。菅氏は9日の会見では管理簿への未記載について「内閣府の文書管理規則に沿った対応がされていなかった」とだけ説明していたが、10日には「改めて確認をした結果、公文書管理法の関連規定、および内閣府の文書管理規則に違反する対応だった」と違法性を認めた。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文765文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集