メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改革目指す日本郵政に麻生節「社風一新しますなんて話はうそ八百。できっこない」

麻生太郎副総理兼財務相=川田雅浩撮影

[PR]

 麻生太郎財務相兼金融担当相は10日の記者会見で、かんぽ生命保険の不正販売問題を受けた日本郵政の経営改革について「言うのは簡単だけど、意外と大変だ。社風を一新しますなんて話はうそ八百。できっこないんだから」と述べた。日本郵政グループは元総務相の増田寛也日本郵政社長ら新経営陣が9日に会見を開き、出直しを誓ったばかり。「麻生流」の激励とみられるが、日本郵政関係者からは「なぜ水を差すようなことを言うのか」と困惑の声も上がった。

 財務省は日本郵政の筆頭株主。麻生氏は「『古い組織を簡単に一新します』とか聞くと経営したことない人だなと思う。ああいう大きな組織は時間がかかるし、意識が下に浸透していくには更に時間がかかるから、辛抱強くやってもらわないといかん」と述べた。

 増田社長は9日の会見で「信頼回復できるかは経営陣と社員が危機意識をどこまで共有できるかにかかっている。長い年月は覚悟している」と述べていた。【古屋敷尚子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  3. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです