メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東派遣命令の海自 「不測の事態」の防護対象は日本船籍だけ

 河野太郎防衛相は10日、自衛隊に対し、海自の護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機2機を中東海域へ派遣する命令を出した。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠として、日本関連船舶の安全確保のため情報収集活動を行う。命令を受け、哨戒機部隊は11日に海自那覇基地(沖縄県)を出発し、20日から新任務に就く。護衛艦は2月2日に海自横須賀基地(神奈川県)を出発して、同月下旬の活動開始を目指す。

 日本の関連船舶が襲われるなど「不測の事態」が生じた場合は、防衛相が海上警備行動を発令する。その場合、武器を使用しての防護対象は日本籍船だけとなる。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです