連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

旅を少し延ばして…「親子ワーケーション」ってどんな働き方? 16日に都内でイベント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道北見市で親子ワーケーションを楽しむ渡部さん(後列左から2人目)父子と社員父子=渡部さん提供
北海道北見市で親子ワーケーションを楽しむ渡部さん(後列左から2人目)父子と社員父子=渡部さん提供

 年末年始、帰省先や旅行先でリフレッシュした人も多いはず。仕事始めの朝、通勤ラッシュに「またこの毎日が始まるのか」とため息をついた覚えはないだろうか。特に子どもがいる人の場合、我が子の冬休みはまだ続いており、滞在を延ばして現地でリモートワークができればいいのに……と思うかもしれない。そんな時、出社か休暇ではない第3の選択肢が「親子ワーケーション」だ。休暇と組み合わせる形で、滞在先で子連れリモートワークをするこの働き方は、まだ体験者が少なく珍しい。毎日新聞が1月16日に東京都内で開く関連イベントを前に、実践・推進する人の思いを聞いた。【今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4667文字(全文4954文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集