メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イランがウクライナ機撃墜か カナダ首相「地対空ミサイルで」誤射の見方示す

 テヘラン近郊でウクライナ国際航空のボーイング737旅客機が墜落し、乗客乗員計176人全員が死亡した件について、カナダのトルドー首相は9日、オタワで記者会見し「イランの地対空ミサイルに撃墜されたことを示す証拠がある」と語った。情報機関や同盟国の情報に基づくとしている。「意図的でなかったかもしれない」とも述べ、誤って撃墜された可能性があるとの見解を示した。米メディアも9日、イランのミサイルで偶発的に撃墜された可能性が高いと米政府が判断していると報じた。

 イランは否定しており、イラン学生通信によると、政府報道官は9日の声明で原因調査には「国民が犠牲になった全ての国は代表者を派遣できる」と強調。ロイター通信は、イラン当局が調査に米運輸安全委員会も受け入れると報じた。イランメディアは、離陸後の旅客機のジェットエンジンから火が出ており、技術的な問題が原因とみられると報道している。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです