連載

ポスト「冷戦後」のかたち

1989年12月3日、米ソ首脳はマルタ会談で冷戦終結を宣言した。あれから30年。米国を中心とする西側が築いたはずの国際秩序は揺らぎ、新たな対立や分断が生まれている。混沌(こんとん)としたこの冷戦後の時代のその後(ポスト)に、私たちを待ち受けているのはどんな世界なのか。

連載一覧

ポスト「冷戦後」のかたち

宇宙の覇権狙う中国 アルゼンチンに初の「基地」 米国の「裏庭」で存在感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東西冷戦時代、米国とソ連は軍拡競争とともに宇宙技術を発展させた。冷戦終結から30年を経て、世界には中国の台頭により米中露の新たな対立構図が浮上。軍拡競争は再燃の兆しを見せる。とりわけ宇宙空間を巡っては、その利用能力でロシアをしのぐとされる中国が、米国との覇権争いを激化させつつある。

中国の「地球の裏側」 謎に包まれた実態

 米国の「裏庭」と呼ばれてきた中南米。その主要国であるアルゼンチンで2018年4月、中国の「宇宙探査研究センター」が稼働を始めた。

 パタゴニア地方最大都市の中部ネウケンから車で4時間。ラスラハス近郊の高原地帯に同センターはあった。直径35メートルの巨大なアンテナがそびえ立つ。中国は、地球の反対側にあたるこの地で人工衛星の情報を受信することで宇宙空間のカバー領域を大幅に拡大できる。

この記事は有料記事です。

残り2696文字(全文3048文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集