メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

宇宙の覇権狙う中国 アルゼンチンに初の「基地」 米国の「裏庭」で存在感

 東西冷戦時代、米国とソ連は軍拡競争とともに宇宙技術を発展させた。冷戦終結から30年を経て、世界には中国の台頭により米中露の新たな対立構図が浮上。軍拡競争は再燃の兆しを見せる。とりわけ宇宙空間を巡っては、その利用能力でロシアをしのぐとされる中国が、米国との覇権争いを激化させつつある。

中国の「地球の裏側」 謎に包まれた実態

 米国の「裏庭」と呼ばれてきた中南米。その主要国であるアルゼンチンで2018年4月、中国の「宇宙探査研究センター」が稼働を始めた。

 パタゴニア地方最大都市の中部ネウケンから車で4時間。ラスラハス近郊の高原地帯に同センターはあった。…

この記事は有料記事です。

残り2772文字(全文3048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです