メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

植松被告、手袋し出廷 裁判長「秩序乱せば退廷」と注意 相模原殺傷公判

相模原事件の公判が開かれる横浜地裁=横浜市中区で、銭場裕司撮影

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(29)に対する横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判は10日、植松被告が出廷して証拠調べが行われた。被告は8日の初公判で右手の小指をかみ切るような動作をして暴れるなどしたため退廷を命じられ、同日午後の審理は被告不在で行われていた。

 起訴状などによると、植松被告は16年7月26日未明、意思疎通のできない障害者を殺害しようと考え、園に侵入し刃物で利用者ら19人を殺害、26人に重軽傷を負わせたとされる。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです