「18歳未満はスマホ1日1時間」 香川県がゲーム依存対策条例素案 「実効性は?」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマートフォン(イメージ)=ゲッティ
スマートフォン(イメージ)=ゲッティ

 香川県議会が4月の制定を目指している「ネット・ゲーム依存症対策条例」(仮称)の検討委(委員長・大山一郎議長)が10日あり、条例の素案が示された。18歳未満の子供のスマートフォンなどの使用を1日1時間に制限することなどが盛り込まれたが、委員からは「実効性が不十分だ」などと内容の見直しを求める意見が相次いだ。

 素案は検討委のこれまでの議論などを踏まえて作成された。20条からなり、県や学校、保護者の責務などを明示し、ゲーム事業者にも協力を呼び掛ける内容。子供のスマホなどの使用は1日1時間(休日は90分)を上限とし、小中学生以下は午後9時、それ以外は同10時以降の使用をやめるよう求める。罰則規定はない。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集