特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

天国の娘に贈る「約束の振り袖」 身長127センチ、16歳で熊本地震関連死

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
亡くなった長女胡桃さんのためにあつらえた振り袖に目を細める松崎久美子さん=熊本市東区で2019年12月20日、森園道子撮影
亡くなった長女胡桃さんのためにあつらえた振り袖に目を細める松崎久美子さん=熊本市東区で2019年12月20日、森園道子撮影

 先天性の心臓病のため寝たきりで2016年9月に16歳で亡くなり、熊本地震の震災関連死と認定された松崎胡桃(くるみ)さん=熊本市東区=の両親が、生きていれば成人式を迎えるはずだった長女に振り袖を作った。娘の小さな振り袖を手に、母久美子さん(50)は語りかける。「約束の振り袖よ。天国から『ありがとう』と言ってくれるかな」

 胡桃さんは生後すぐ心疾患が見つかり、2歳の時に低酸素脳症で寝たきりとなった。会話もできなかったが、7歳の時、僅かに動く左手とパソコンでひらがな入力を学び、意思を伝えられるようになった。七五三のお宮参りはできず、着物も着せてあげられなかったが、9歳の夏、桃色の浴衣を買ってあげると大喜びした。「二十歳になったら振り袖を買ってあげるね」。久美子さんは胡桃さんに約束した。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1213文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集