メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

110番の日、阪神の木浪が一日通信指令官「急ぎでなければ最寄りの署に」

兵庫県警の相談窓口のチラシを配布する木浪聖也選手=神戸市中央区で2020年1月10日午前11時32分、韓光勲撮影

[PR]

 「110番の日」の10日、プロ野球・阪神タイガースの木浪聖也選手(25)が兵庫県警の「一日通信指令官」を務めた。JR神戸駅(神戸市中央区)近くの地下街で、県警の街頭イベントに参加し、「110番は正しく使ってほしい」と呼びかけた。

「一日通信指令官」として模擬通報を受理する木浪聖也選手=神戸市中央区で2020年1月10日午前11時41分、韓光勲撮影

 警察官の制服に身を包んだ木浪選手は「事件や事故など緊急の場合は遠慮せずに110番。急を要さない場合は、相談ダイヤルや最寄りの警察署に電話してください」と語り、県警の相談窓口のチラシなどを配布した。

 県警通信指令課によると、2019年1~11月の110番の受理件数は約43万件。そのうち、緊急性の薄い通報が約6万4900件あった。同課は、事件や事故以外の場合は、相談ダイヤル「#9110」(午前9時~午後5時)の活用を呼びかけている。【韓光勲】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです