メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自、中東へ出発 20日から新任務 第1陣ジブチへ

 中東海域で日本関係船舶の航行の安全を確保するために派遣される海上自衛隊のP3C哨戒機部隊が11日、海自那覇航空基地(那覇市)を出発した。東アフリカのソマリア沖アデン湾で従来の海賊対処を継続しながら、20日に新たな情報収集任務を始める。

 部隊はP3C2機と隊員約60人で構成。11日はクルーらを乗せたP3…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです