メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 阪神大震災25年 母へ、私は幸せです

休日を長男の尹羚央ちゃん(手前)、長女の尹琉花ちゃん(中央)と過ごす尹玲花さん=東京都港区で2019年12月29日、大西岳彦撮影

 つかの間の休日に穏やかな時間が流れる。柔らかな冬の日差しに包まれた東京都内の公園で、我が子と遊ぶ女性が優しい母親の笑顔を見せていた。子育てをしながら医師として忙しい日々を送る尹(いん)玲花さん(40)。母英子さん(当時44歳)を亡くした阪神大震災から17日で25年の月日が流れ、自らも2児の母となった。「休みの日は家族との時間を大切にしたい」と話す。

 地震が起きた早朝、英子さんは店主をしていた喫茶店で開店準備をしていた。建物は倒壊し、下敷きに。3日…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです