メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

カンボジア・水祭り 豊穣の大河、祖国の誇り

大叙事詩ラーマーヤナに登場するハヌマーン神を表すフェイスペイントを施したボートレースの競技者=カンボジアで2019年11月、高橋智史さん撮影

 約半年間の雨季が明ける11月。カンボジアでは、伝統行事の一つ「水祭り」が満月に合わせ、3日間にわたり開催される。水祭りは雨季明けを祝い、乾季を迎え入れ、豊穣(ほうじょう)をもたらす大河へ感謝をささげる国を挙げての最大の祝い事となっている。首都プノンペンの王宮前を流れる「トンレサップ川」の岸辺には数万人が集い、水祭りの華である大型の手こぎボートレースに人々は歓喜する。

 11月10日から12日にかけて行われた昨年の水祭りは、カンボジア全土から1万9218人のこぎ手と291艇のボートがレースに参加し、トンレサップ川を勇壮に彩った。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです