メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

カンボジア・水祭り 豊穣の大河、祖国の誇り

大叙事詩ラーマーヤナに登場するハヌマーン神を表すフェイスペイントを施したボートレースの競技者=カンボジアで2019年11月、高橋智史さん撮影

 約半年間の雨季が明ける11月。カンボジアでは、伝統行事の一つ「水祭り」が満月に合わせ、3日間にわたり開催される。水祭りは雨季明けを祝い、乾季を迎え入れ、豊穣(ほうじょう)をもたらす大河へ感謝をささげる国を挙げての最大の祝い事となっている。首都プノンペンの王宮前を流れる「トンレサップ川」の岸辺には数万人が集い、水祭りの華である大型の手こぎボートレースに人々は歓喜する。

 11月10日から12日にかけて行われた昨年の水祭りは、カンボジア全土から1万9218人のこぎ手と291艇のボートがレースに参加し、トンレサップ川を勇壮に彩った。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです