メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

父の詩をピアノユニットで朗読ほか

 <楽庫(らっこ)>

 ♪父の詩をピアノユニットで朗読

 言葉は、音楽に乗ってこそ心の奥底に真意が届く場合がある。同じ言葉でも、音楽が変わると、言葉の意味合いが驚くまでに変わる場合もある。言葉と音楽は、仲がいいのか悪いのか分からない。

 作曲家でピアニストの谷川賢作が1996年に始めた現代詩の朗読バンド「DiVa」の新アルバム「よしなしうた」(トルバドールカフェ/メタカンパニー)が発売された。6年ぶりである。「DiVa」は、谷川と大坪寛彦のベース、高瀬“makoring”麻里子のボーカルで編成。歌う(読む)詞は、すべて谷川の父・俊太郎の作品で、作曲は賢作である。高瀬の声は、単に美声というだけでなく、少しく毒があり、ユーモラスでいながらその裏に残酷さや不安を秘めた俊太郎の詩に、大変よく似合う。賢作の曲が詩と「仲がいい」のはもちろんである。全21編を収録。

 「DiVa」ではないが、29、30日東京・中野のライブハウス「Sweet Rain」で賢作の還暦記念ライブが開かれる。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです