メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

父の詩をピアノユニットで朗読ほか

 <楽庫(らっこ)>

 ♪父の詩をピアノユニットで朗読

 言葉は、音楽に乗ってこそ心の奥底に真意が届く場合がある。同じ言葉でも、音楽が変わると、言葉の意味合いが驚くまでに変わる場合もある。言葉と音楽は、仲がいいのか悪いのか分からない。

 作曲家でピアニストの谷川賢作が1996年に始めた現代詩の朗読バンド「DiVa」の新アルバム「よしなしうた」(トルバドールカフェ/メタカンパニー)が発売された。6年ぶりである。「DiVa」は、谷川と大坪寛彦のベース、高瀬“makoring”麻里子のボーカルで編成。歌う(読む)詞は、すべて谷川の父・俊太郎の作品で、作曲は賢作である。高瀬の声は、単に美声というだけでなく、少しく毒があり、ユーモラスでいながらその裏に残酷さや不安を秘めた俊太郎の詩に、大変よく似合う。賢作の曲が詩と「仲がいい」のはもちろんである。全21編を収録。

 「DiVa」ではないが、29、30日東京・中野のライブハウス「Sweet Rain」で賢作の還暦記…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです