メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

細野晴臣 ポップスの巨人を証明

細野晴臣 ミュージシャン

 <楽庫(らっこ)>

 幕が開くと「黄色魔術」という額のかかった茶の間で“細野家”のだんらんが展開されていた。

 “巨人の条件”というのはその実績や影響力の多面性にあるのだと思う。日本語ロックの元祖、はっぴいえんどの結成、アジアに目を向けさせたシンガー・ソングライター、初のスタジオミュージシャン集団、ティン・パン・アレーや、世界を席巻したテクノポップ、YMOのリーダー。松田聖子などのヒット曲や映画音楽で数々の賞を受賞した作曲家。その業績は“巨人”そのものだ。

 2019年は音楽活動50周年。海外ツアーやドキュメンタリー映画公開、星野源や小山田圭吾選曲のベスト…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです