メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

京都11R・シンザン記念 (日曜競馬)

素質光るルーツドール

 ルーツドールは520キロ台の大型牝馬で、半兄が天皇賞(春)を制したフィエールマンだ。父はディープインパクトからジャスタウェイに変わったが、馬体に共通点が多い。新馬戦は東京マイルで、1000メートル通過59秒0の平均ペース。これを2番手から抜け出し、後続を5馬身突き放して圧勝した。勝ち時計1分33秒3は同日の古馬3勝クラスより0秒2遅いだけ。10月の2歳牝馬GⅢアルテミスSを1秒上回った。初の京都、牡馬混合の重賞でも本命に推せる。

 サンクテュエールは新潟マイルの新馬を上がり33秒6で楽勝。続く前走のアルテミスSで2着を確保した。…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです