メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自機、中東へ出発 情報収集 P3C、ジブチへ

 中東海域で日本関係船舶の航行の安全を確保するために派遣される海上自衛隊のP3C哨戒機部隊が11日、海自那覇航空基地(那覇市)を出発した。東アフリカのソマリア沖アデン湾で従来の海賊対処を継続しながら、20日に新たな情報収集任務を始める。

 部隊はP3C2機と隊員約60人で構成。11日はクルーらを乗せたP3Cが活動拠点があるアフリカのジブチに向けて出発した。残りの隊員は19日に出国する。

 中東は米国とイランが互いに軍事攻撃をして緊張が続く。この日、同基地であった壮行行事で河野太郎防衛相は「中東地域の平和と安定は我が国を含む国際社会にとって重要。任務に精励してください」と隊員に訓示。部隊の指揮官を務める稲生(いのう)修一・派遣航空隊司令(37)=2等海佐=が代表して出国を報告し、隊員は家族らと別れを惜しんだ。派遣期間は約3カ月の予定。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです