メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アナにお任せ

サンクテュエール、大物の予感=毎日放送アナウンサー・美藤啓文

 リスグラシューの圧倒的多数の票を集めての年度代表馬決定には驚いた。そうなるとは思っていたが、274票のうち271票を占めるとは。アーモンドアイに2票しか入らなかったのが、勝負の世界の厳しさだろう。史上まれな名牝対決を制したリスグラシューには、最高のフィナーレとなった。

 言わずもがな、シンザン記念は出世レース。このレースは何とこの10年で、11頭のGⅠホースを生んでいる。牡牝3冠馬3頭、短距離から長距離まで。これはすごい。

 今年も楽しみなのが、サンクテュエール。勝てばタイトルがぐっと近づく。また、新馬勝ちだけのキャリアだが、ルーツドールの時計は速い。共に牝馬。大物の予感が。負けても見限れないのがこのレース。若駒はいい。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです