メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小劇場文化を支える

/下 関西2オーナーの思い 社会に欠かせぬ結びの空間

「ニッセイ・バックステージ賞」を受賞した福本年雄さん=大阪・東心斎橋のウイングフィールドで、関雄輔撮影

 昨年10月、舞台芸術を裏方として支える人々を顕彰する「第25回ニッセイ・バックステージ賞」の受賞者に、大阪・東心斎橋の小劇場「ウイングフィールド」の福本年雄代表(66)が選ばれた。1992年の開場以来、同劇場のオーナーとして多くの演劇人を見守ってきた福本さんは「小劇場は人と人、社会と演劇を結びつける場」と語る。

 多くの人々でにぎわう大阪・ミナミの繁華街。その片隅にある6階建て雑居ビルの最上階にウイングフィールドはある。約80席の劇場は、もともと福本さんの自宅だった空間だ。

この記事は有料記事です。

残り1740文字(全文1979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです