メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号被災自治体 ゆるキャラに励ましの年賀状 「さのまる」には2000通も /栃木

たくさんの年賀状とさのまる=栃木県佐野市提供

[PR]

 昨年10月の台風19号で大きな被害が出た自治体のキャラクターに、応援や励ましのメッセージが書かれた年賀状が届いている。受け取った担当者は「温かい言葉をいただきありがたい」と声をそろえている。

 秋山川の堤防が決壊するなどした佐野市では、人気のゆるキャラ「さのまる」に年賀状が約2000通届いた。国内だけでなく、香港や米国、オーストラリアなど海外からも来ている。台風見舞いの他、「佐野市がんばれ」「応援しています」など励ましの言葉が添えられたものが多いという。

 市の担当者は「感謝の気持ちを込め、全員にオリジナル年賀状で返信します」と話している。

 栃木市ではマスコットキャラクター「とち介」に約540通が届いた。「ボランティアに行ったよ」「早く元気になって」など台風被害を気にかけるメッセージが目立つといい、担当者が全員に返事を書くという。

 足利市も市のキャラクター「たかうじ君」に「地域振興と災害復興のために癒やしを届けてください」という年賀状が届いた。

 県の「とちまるくん」には348枚、宇都宮市の「ミヤリー」には208枚の年賀状が届いている。【太田穣、渡辺佳奈子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです