メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第69期王将戦 あすから第1局 日本将棋連盟掛川支部長、島田掛川信用金庫理事長、「ゼロの会」会長の話 /静岡

日本将棋連盟・中山雅夫掛川支部長

名勝負展開を期待 日本将棋連盟・中山雅夫掛川支部長

 新春恒例となった掛川城対局で、いよいよ第69期大阪王将杯王将戦七番勝負が幕開けします。

 11回目となる掛川城対局ですが、これまで10回行われた対局の中でも、数々のドラマが生まれています。

 今期の挑戦者は、これまで王将戦、そして掛川城対局にはご登場のなかった広瀬章人八段となりました。

 広瀬八段は今、最も脂の乗っている棋士の一人なので、渡辺明王将と、必ずや素晴らしい名勝負を展開していただけると期待しております。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです