特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京へ

三重から輝く/8 7人制ラグビー・伊藤優希選手 あふれる才能に将来性 後輩見守る、伊藤絵美さん /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「この子はこれから伸びるだろうな」。2015年の女子ラグビー日本代表(15人制)合宿。当時、日本代表だった伊藤絵美さん(34)=四日市市を拠点とする女子ラグビーチーム「PEARLS(パールズ)」マネジャー=は、新戦力として代表入りした伊藤優希選手(23)=パールズ所属=を見て直感したという。「タックルとか体を当てるプレーでの身のこなしや、ブレークダウン(ボールの奪い合い)での動きの速さなど守備力に魅力を感じた」。あふれる才能に将来性を見て取ったのだ。

 優希選手は中学3年の時に柔道の全国大会で準優勝し、全日本柔道連盟の強化選手にも選ばれた。その道でも五輪を目指せたかもしれないが、高校でラグビーに転じ、めきめきと頭角を現した。絵美さんは「柔道で培った技術が間違いなくラグビーで生きている」とみている。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1260文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る