メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020京都市長選

改革は財政再建から 村山氏公約「市長給与5割減」 /京都

 京都市長選(19日告示、2月2日投開票)に無所属で立候補する市議で新人の村山祥栄氏(42)が10日、市役所で記者会見を開き、約80項目のマニフェストを発表した。財政再建を「改革の一丁目一番地。市長給与を50%カットして覚悟を示す」と強調。具体的には業務の5%削減と5%の効率化による700億円の予算捻出▽成果主義などの導入による補助金改革▽業務の民間委託▽不要地などの資産売却――などを推進するとした。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. 持続化給付金委託団体は「全員非常勤」 「隠した」出向者の名 野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです