メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災25年

「神戸は100%復興」 市長、新長田駅南地区も道筋 /兵庫

阪神大震災から25年を前にインタビューに応じる久元喜造・神戸市長=神戸市役所で、反橋希美撮影

 17日で阪神大震災から25年となるのを前に、神戸市の久元喜造市長が毎日新聞のインタビューに応じた。「神戸は100%復興した」と断言し、課題として挙げてきた災害援護資金の返済や新長田駅(長田区)周辺の再開発事業も「道筋がついた」と強調。震災復興への一大プロジェクトだった神戸空港について、路線バスの一部無料化も視野に交通アクセス向上を図る考えを示した。【反橋希美】

 久元市長は「街と人が通常の暮らしを取り戻すという状況を『復興』とするなら、かなり早い段階で復興した」と自信を見せた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです