メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川創先生の鯨塾

/9 スナメリとミンククジラ 身近な存在実態把握を /山口

 国際捕鯨委員会(IWC)によると、鯨は世界で86種類とされる。その中で、日本人に身近なスナメリとミンククジラの生態や、生活史を紹介する。

 ■「食スヘカラス」

 スナメリはイルカとも呼べる小型のハクジラだが、背びれはなく口はとがっていない。ごく沿岸の浅い水域で生活するため、日本に座礁・漂着(ストランディング)する鯨の40%以上はスナメリだ。上空からの目視調査などによると、日本周辺は2万頭弱が生息し、最も多い瀬戸内海は約1万頭いるとされる。観察スポットとしては三軒屋海岸(下関市)や「もじ少年自然の家」(北九州市)の近くなどがおすすめだ。

 日本の文献で初めてスナメリが登場したのは、貝原益軒の「大和本草」(1709年)。「滑魚(なめり)」という名で「油多シ食スヘカラス」と紹介されている。食用に向かなかったことが乱獲されずに生き残れた一因だろう。各地方でさまざまな呼び名があり、県内では西部で「なめ」、東部で「ごんどう」とつく名前で呼ぶことが多い。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです