メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新国富指標」九大と連携 直方市が協定 総合計画策定に活用 /福岡

 直方市は、持続可能な発展を測る新しい経済指標「新国富指標」を活用して市の第6次総合計画(2021~30年度)を策定するため、九州大と連携協定を結んだ。この指標を用いた自治体と九大の連携は久山町と宮若市が先行しているが、総合計画に生かすのは直方市が初めてという。【武内靖広】

 新国富指標は、インフラなどの人工資本▽教育や健康といった人的資本▽農地や森林などの自然資本――を金銭的価値に換算。高いほど国や都市の真の豊かさを示す指標とされる。12年の国連持続可能な開発会議で初めて発表さ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです