メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の文化芸術活動支援 「はる」の功績、国が表彰 県庁訪れ知事に報告 /佐賀

 障害者の文化芸術活動を支援する佐賀市の社会福祉法人「はる」が国に表彰され、10日に県庁を訪問した。「障害者一人ひとりが人生の主人公」という理念で活動する福島龍三郎理事長(46)は、19人もの犠牲者を出した相模原市の障害者施設殺傷事件の裁判員裁判について「(被告が)なぜ障害者の可能性について分からなかったのか明らかになってほしい」と話した。【関東晋慈】

 はるは2002年に設立され「障害者の命が尊重され、生涯を通して地域とともに幸せに暮らしてもらう」という理念の下に活動。15年から障害者の文化芸術活動を始め、入所者は作家として絵画コンクールへの入賞や飲食店への作品提供契約を結ぶなど実績を上げている。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです