メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マナヅル飛来、十数羽優雅に 諫早・中央干拓地 /長崎

優雅に飛ぶマナヅル

 諫早市の中央干拓地などにマナヅルが飛来している。青みがかった灰色の体で、目の周りが赤いのが特徴。6日には十数羽が優雅に飛ぶ姿が見られた。

 ロシアや中国などで繁殖し、日本には越冬のため飛来して2~3月に北へ帰る。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)によると、今シーズンは諫早平野(吾妻、森山、中央…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです