メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛相、海自に中東派遣命令 哨戒機2機、きょう出発

 河野太郎防衛相は10日、自衛隊に対し、海自の護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機2機を中東海域へ派遣する命令を出した。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠として、日本関連船舶の安全確保のため情報収集活動を行う。命令を受け、哨戒機部隊は11日に海自那覇基地(沖縄県)を出発し、20日から新任務に就く。護衛艦は2月2日に海自横須賀基地(神奈川県)を出発して、同月下旬の活動開始を目指す。

 日本の関連船舶が襲われるなど「不測の事態」が生じた場合は防衛相が海上警備行動を発令する。その場合、武器を使用しての防護対象は日本籍船だけとなる。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです