メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

英、月内EU離脱

英首相官邸で会談したEUのフォンデアライエン欧州委員長(左)とジョンソン英首相=ロンドンで8日、ロイター

 英下院は9日、政府が提出した欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)関連法案を採決し、賛成330、反対231の賛成多数で可決した。法案は今後、上院も通過して成立する見通しで、EUと合意した1月31日の期限内に離脱することが事実上確定した。

下院で関連法案可決

 メイ前首相がEUと結んだ離脱協定は、EU残留派の多い野党や与党・保守党の離脱強硬派らの反対により下院で3度も否決。ジョンソン首相は2019年10月17日、新たな条件を盛り込んだ離脱協定に合意した。今回の法案はこの協定を英国内法に反映させるためのもので、下院可決は離脱を巡る英国内の政治プロセスにおける最大の「ヤマ」を越えたことを示す。

 離脱関連法案が成立すれば、EUの欧州議会はそれを受けて協定を批准する見通し。英EU双方の批准をもって離脱が実現する。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです