メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

宇宙覇権争う米中 アルゼンチンでさや当て

 東西冷戦時代、米国とソ連は軍拡競争とともに宇宙技術を発展させた。冷戦終結から30年を経て、世界には中国の台頭により米中露の新たな対立構図が浮上。軍拡競争は再燃の兆しを見せる。とりわけ宇宙空間を巡っては、その利用能力でロシアをしのぐとされる中国が、米国との覇権争いを激化させつつある。【ラスラハス(アルゼンチン中部)で山本太一】

 米国の「裏庭」と呼ばれてきた中南米。その主要国であるアルゼンチンで2018年4月、中国の「宇宙探査…

この記事は有料記事です。

残り2794文字(全文3008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです