メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、月内EU離脱 日本企業、準備着々 金融・製造業移転

 英下院が欧州連合(EU)離脱関連法案を可決したことに対し、英国に進出する日本企業からはひとまず「先行きの不確実性が低下した」との評価の声が上がった。ただ、「移行期間」を終えた後のEUとの関係への不安は残る。各社は生産拠点の移転など、先を見据えた準備を進めている。

 「やっと仕事ができる」。離脱が現実味を帯びたことを受け、日系金融大手の欧州部門幹部は気を引き締めた。フランクフルトに本社機能を移したものの、離脱が決まらないために仕事がない状態が続いたといい、「これで動き出す取引先も多くなる」と話した。

 離脱を巡る先行きの不確実性は英国で展開する企業の行動を慎重にさせてきた。経済界からは「離脱するのか、しないのか。そうした意味の不確実性は減った」(野村ホールディングス=HD=の永井浩二グループ最高経営責任者=CEO)との声が上がる。

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです