メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

公務員の質低下 対策急務=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 ベトナムの次期中央委員候補にノミネートされた副大臣クラス80人余を対象に昨年12月、「財政と税制」をテーマにした講義と討論を2日間にわたって担当した。現在のベトナムは腐敗防止(賄賂の撲滅)と財政再建を大きな目標として、内政の改革を進めている。

 問題は公務員給与が低すぎることだ。例えば、国立のハノイ貿易大やハノイ大の先生の給与は月3万円程度で、有名私立大の月10万円程度とは大きな差がある。そのため国立大の先生が私立大に移ったり、日本語通訳や日本語専門学校のアルバイトに精を出して本業がおろそかになったりすると指摘されている。

 そして地方の公務員の多くは副業の機会がないため、賄賂の獲得に専念することになるようだ。そこで公務員の数を減らして給与を少しずつ増やす努力をしているが、他方で財政再建の要請もあり、なかなか進んでいない。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです